今、超〜人気フリーラインスケート



サーフィン再開

震災後、最近また波乗りしてます。ポイントは椎名内あたり。
椎名内はせっかくできたトイレもまだ使えず、階段もくずれたまま。
安太郎は再開した模様ですが、矢指ヶ浦方面の小さな橋はまだ歩道が乗っかってます。
椎名内はだいぶ落ち着いてきたのかな。でもエイがいますから足元は気をつけないと。
まだ飯岡ではサーフィンしてません。あめやとか信号下でやりたいんだけど。
だいぶサーファーは増えてきたのでそろそろ・・・。

こうしん さらにつづき

5/5帰り道、きちんと見てなかった大船渡。嫁は泣いてました。
見慣れた景色がほとんどないって。。。しばらく走ってると
陸前高田市へ、愕然とかじゃなくてなんていっていいか。
目の前に信じられない光景、行った事ない人には伝わらないかも
しれませんが、ありえないという景色です。陸前高田の友達の家は
場所すら僕にはわかりませんでした。車から降りるのも怖いくらい。
そこから15分くらいは車で走っても何もない景色。気仙川沿いに
津波が上がってきてすべてをなくしてしまっていました。
5/6、会社に行っても何もできませんでした。
いろんなバカ話しても実家のばあちゃんや友達の言葉がつらくて
誰かに話せば少しは楽って思いました。会社の人にちょっと話したら
前と同じ、逆に何言ってんの?義援金も出したし仕事あるし
こっちも生活あるしってな感じです。
そんな事わかってる。それプラス被災地の事考えるっていうのは
できないのか?原発だって無関心。どうする事もできないってね。
止める技術は僕たちにはないけど、それぞれ思う事あるだろって。
何をできるか考える事もしない。きちんとした情報が公開されないのは
多少なりともこの無関心、他人事っていう意識があるからかもしれない
とさえ思うほど無関心な人たちが多い。
「無関心」これは今の日本では罪です。

久々の更新のつづき

実際、嫁の職場も無関心(他人事)と僕と似たような状態で
精神的にもきつい状態が続いてました。震災から1ヶ月くらいで
僕のまわりは無関心の人だらけ。。。これはキツかった。
とりあえずGWには岩手の家族や友達に会いにいこうと決めて
仕事を終わらせることに集中してました。
でGW。とりあえずまず29日にサーフィンに行ってみた。
あまり楽しめなかった。サイズも頭くらいでまとまりにも
欠けてたのもあったけどやっぱりいつもと違った。
5/3、4時に家を出て12時間かけて岩手へ。
宮古市の友達に会いにいき景色をみて愕然。
久しぶりの宮古はショックでした。そこから45号で大船渡まで
磯鶏や金浜はさらにショック。山田も浪板もは見る影もなし。
釜石も。越喜来も。で実家に到着。夜でした。
実際、友達や家族に聞いた話、言われたこともショックでした。
陸前高田出身の友達は実家も両親もすべて失ってしまっています。
その事には触れられないです。でもなんかできる事ある?って聞くと、
もう1回、地震と津波を起こしてほしいと、友達
今度は流される場所にいるからと。。。震災から2ヶ月後です。
まだ、顔色も真っ青ででもちょっと笑いながら。。。
宮古のほかの友達は会ってももらえませんでした。
物資も送ったりしてて今回も持ってはきていたので届けよっかって
電話したら、今はキツいって。人と自分を比べて卑屈になってるから
こないでほしいって言われました。嫁の実家のばあちゃんには、
三陸大津波と今回で2回目だからもういいやって、次はないって。
嫁の実家で預かっている親戚の子には、何か欲しいもんは?聞いたら
家が欲しいって。家族バラバラにならないでもいい家が欲しいって。
実家の景色は20メートル先で何もなくなる。親戚の工場も家も、
何もかもなくなってしまった。かろうじて嫁の実家は残ってる。
でも、ちょっと離れたとこに置いておいた車は流されてた。
もう、自分が情けなくなってでも何もできない気がして頭の中が
ぐちゃぐちゃで。

久々の更新

久々の更新。もうほったらかしだったんだけど
震災について愚痴っぽい日記を書いてみます。
僕は昔、岩手県宮古市に一年くらい住んでたことがあります。
出身は千葉ですが、仕事関係で行ってました。
3/11は千葉の会社で通常通り仕事してました。かなり揺れましたよね。
まっいいとして。僕の嫁さんは大船渡出身。震災当日は電気もきてないので
テレビも見れず、ラジオで聞いた情報だけで宮古市や
大船渡の状況は把握してませんでした。
翌日のテレビを見て愕然。。。ありえない。。。もちろん前日から友達や
家族に連絡はとってましたが、つながる訳もなくただ心配しているだけ。
友達の中には宮古でも無事な地区とはなんとか連絡がつきましたが、
ほとんど連絡はつかない状態でした。さらに次の日やっと義姉と連絡がとれて
家族は無事とわかりました。(電話は3分以内でした)
その間も義姉からメールは届くことがあり(通話は無理でした)
行方がわからない人を探してくれと頼まれました。
僕は震災から1週間、行方不明になった方をパーソンファインダーや
mixi、ツイッターなどで仕事しながら探してました。約20人。
実際見つかって生きていた方は3人。それでもありがとうって。。。
みずしらずの友達の親戚の方電話したり、もうなりふり構わず。
でも、嫁の家族とはきちんと連絡が取れず、僕も嫁も限界。
いったい実家はどうなっているのか?食料は?家は?いろいろ。
仕事場はふつうに戻りつつあり震災ネタで営業が電話してる。
おかしくなりそうでした。なんで、想像できないのか?
自分は関係ない。そんな感じに見えてもう会社やめようかと
思ってました。その間も少しでも何かしないと行けないと思って
近くの被災地のボランティアに行ったりしてかなり必死でした。
ここから実際、家族やほかの友達ときちんと連絡がとれたのは
3/31です。涙がでました。
それからは、電話が通じるので実家や友達に物資を送ったりして
少しは役に立とうと。。。が、やはり会社にいる時間は長いです。
どうしても僕のテンションとほかの人のテンションは別世界。
なんで、この人たちはこの状況で平気で売上げがどうとか、
給料がどうとか言えるのか。ちなみに、被災者の家族がいる僕と
被災地で奥さんがお店を出していた会社の同僚がいるのにです。
経済をまわすとかもっともらしいこと言って、ただ無関心なだけ。
こういう人がたくさんいるのにショックでした。

茨城県〜波崎海水浴場〜2009.05.10

◆9:00〜10:30
◆波崎は風がオフショアでサイズはモモ〜コシくらい
面はよかったです。
波数が少なくロングが多くて波がとれませんでした。
インサイドはまったくなみがなくつまらないので
オンショア覚悟で飯岡へ移動。
サイズはヒザたまのセットでコシくらい
アウトで割れてもダラダラでうねりに戻る感じ。
これまたつまらなくて1時間で終了。
iioka090510.jpg
飯岡メインの画像です。

千葉県〜椎名内安太郎〜2009.05.05

◆7:00〜8:00
◆飯岡は風がサイドオンショアでサイズはセットでモモくらい
面はそんなに悪くなかったです。
はっきりいってつまらなかった。
残念です。

茨城県〜波崎海水浴場〜2009.5.4

◆11:00〜14:30
◆波崎は風がオフショアでサイズはモモ〜コシくらい
面はよかったです。
波数もすくなく小さめでしたがつなげば
インサイドまでのってけました。
ひさびさでも物足りない感じでした。

千葉県〜飯岡メイン〜2007.07.21

◆15:00〜17:30
◆飯岡は風がサイドオフショアでサイズはモモ〜コシくらい
面はそんなに悪くなかったです。
厚めの波でしたがつなげばインサイドまでのってけました。
でも物足りない感じでした。
iioka07212.jpg
-----------------------------------------------------
インサイドまで乗った時に刺さったのかはかわかりませんが、
ノーズが折れてしまいました。
サンタクルーズのボードなので修理代が普通のボードの
3倍かかってしまします。
どうしよう・・・。
iioka0721.jpg

千葉県〜飯岡メイン〜2007.07.08

◆10:00〜12:30
◆飯岡は風がサイドオフショアでサイズはモモくらい
大きめのセットはダンパー、小さめでもショートライドまで・・・。
かなり物足りない感じでした。
写真とり忘れた。

千葉県〜飯岡信号下〜2007.06.02

◆15:00〜17:00
◆飯岡は風が弱いオンショアでサイズはモモくらい
ダラダラの波で、いいセットつかめば何とか乗れる感じ。
厚いのでしごいて何とか・・・。
ちょっと横にって感じです。
0602.jpg
   
【定期購読1年(12冊)】サーフィンライフ
 
by AffiliSearch



RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。